京田辺市バレーボール連盟とは

京田辺市は京都府の南部に位置し、大阪、奈良の境にあります。
平成9年に人口が5万人を超え、田辺町から京田辺市になりました。
あのとんちで有名な一休さんの「酬恩庵(一休寺)」 、最高玉露の産地としても
知れ渡っています。「同志社大学田辺キャンバス」もあり、学研都市としても発展しています。
バレーボール連盟は市内におけるバレーボール活動の振興をはかるとともに、
加盟団体の振興を深めることを目的とします。
その為の事業として、加盟団体の統括とその活動の助成、市民大会並びに、
各種競技会の開催、バレーボールの普及及び指導、バレーボールの審判員の養成などを行っています。