2019年度通年審判講習会

通年審判講習会が行われました。
2019年2月16日(土)午後7時より
会場:大住中学

参加者:V.LINK 13名 フェロー・シップ12名 イングス 12名 竜王クラブ 12名
シーガルズ 10名 コスモ 4名

モデルチーム: 竜王クラブ、シーガルズ、コスモ

今回の講習会では、公式試合デビューの前の人も多く、笛の音、確実なジャッジ、ルールの把握を重視されたと思います。

試合開始から丁寧に指導を受けることが出来ていました。

モデルチームは複数のメンバーチェンジ、サービス間違い、キャプテンがベンチの時のキャプテンの確認
3セット目のAコートチームのコートチェンジまでのメンバーチェンジやタイム→記録の書き写し

オーバーネット、ホールディング、ドリブル、セットスタート時違うメンバーが並んでいる他を試しました。

試合後の講評では、

<主審>

  • 笛が早い→ボールがエンドに行った時、取れないと思い、デッドになる前に笛を吹いていることがある
  • 試合を見てしまい、笛が遅くなる
  • 初心者の人はまず笛が吹けることを重視した
  • オーバーネット、ドリブルなどの反則の笛が吹けていなかった
    <副審>
  • 副審は落ち着いて全体を見ること
  • 動作は大きく動く
  • 主審にわかるように大きく動く、しっかりと目線を残す
  • ベンチより後ろを超えたら(危ないので)笛を吹く
    <記録>
  • 予習をしてくるとスムーズに出来る
  • 記録が出来ないと試合がスムーズに進まないので意識をする
  • 副審とのアイコンタクトを取る
  • 3セット目の書き忘れがあった
  • 連続失点があった時など予測する
    <ラインズマン>
  • 同じボールはないので数をこなすことが必要
  • 立ったラインによって何が起きるかを予測する ラインクロスなど
  • 人差し指を立てて旗を持つ
  • 自分が見えたもので判断をする
  • アンテナの上を通ったら振る、振る人は対角の人
  • 少しは移動して見えるところに行く
  • ワンタッチの取り方はラインズマンの意識を高めることにもなる
  • 旗を出したら主審を見る
  • ワンタッチを出す位置はあごの下にする

2019通年審判