第9回バレーボール練習会

2019年10月21日

参加人数 15名

4人一組で、3組に分かれました。
アタッカーはネット側、レジーバーはエンドライン側に、2対2に分かれ、アタッカーはまずは自分の正面のレシーバーに向けて打ち、レシーバーは対角のもう一人のアタッカーに向けてレシーブを上げます。
今度はそのアタッカーが自分の正面のレシーバーにそのボールを打ちます。
レシーバーは自分の対角のアタッカーにボールを返します。
アタッカー・レシーバーともにボールコントロールが必要になります。

アタッカーはレシーブボールが短かったり伸びたりしたらそこまで移動してそのボールをダイレクトに打ちにいきます。

 

次は逆に行います。
アタッカーは対角のレシーバーに向けて打ち、レシーバーは正面のアタッカーにボールを返します。
これを、しばらくしたらアタッカー陣がローテーションして今度は横(もしくは後ろ)のレシーバーペアと同じことを繰り返し、全ペアと当たるようにしました。

 

休憩は短く、試合を意識しての練習内容になっています。

<縦半分にラインに分かれてのラリー練習>

ポジションの確認を行いながらやりました。
アタッカーは反対コートには打たず、マーカーぎりぎりのトスをどう打つかが課題になってきます。

<サーブカット練習>

相手コートにも入ってもらい、サーブカットからオープンはミートをして、レシーバーのいるところへ

中衛アタッカーは、普通通りの攻撃練習をしました。

伸びるサーブカットなど、後衛と中衛のボールを悩むので、カットに位置どり、中衛レシーバーは、目線をネット下に置くことで、バックに任せるボールの判断をしました。

<ラリー>
リバウンド、ブロック練習を重点的に行いました。