2010 シニア、シゴニア、いそじ大会に向けての練習会

第1回目のシニア、シゴニア、いそじ大会に向けての練習会が始まりました。
シニアは40歳以上
シゴニアは45歳以上
いそじは50歳以上
京田辺のバレーの平均年齢も高齢化?
沢山の人達で練習をすることが出来ました。
シニア大会は毎年2月初旬3日間行われますが、A,B,Cランクに分かれ、一日だけ出場することが出来ます。
優勝を決める大会ではないのですが、レベルの高い試合が行われています。
京田辺ではシゴニア、いそじ大会を普及部がお手伝いをすることは始めてのことなので、練習後、役員さんが1時間以上かけて話し合いを行いました。
シニア以上の方は、仕事を持った方が多く、平日の予定を組むことが難しいのですが、子供さんの手が離れ、バレーを楽しもうと思っている人が多く、練習以外でも、他チームの同年齢の人達と、交流を深めたいという気持ちをもった人が多いのです。
バレー以外でも、人間関係を築き、またその技術を後輩に引き継ぎたいという人達がいます。
それは、プレーだけではなく、審判、マナーなど。
こういうことからシニア、シゴニア、いそじを連盟が後押しすることが大切だと思っています。
各チームのメンバーが減って来ています。
初心者の方の普及、そして今回のように、年齢が高くなってもいつまでもバレーが続けられる環境作りを心がけたいと思っています。

全日本女子が世界バレーで銅メダルを取りました。
これで京田辺のバレー人口も増えたらいいな?と密かに思っている役員さん達です。